作業中

社名変更時にカタログで作業服を注文する場合の基本

最近では建設業界でも企業の再編が行われており、合併に伴って社名が変わるケースも増えています。そして会社名が変わるのをきっかけに、作業服は企業ユニフォームの専門販売会社に発注する事例もあります。工事現場で働く社員の作業服を一新する場合には、デザインだけではなくて機能も重視するのがポイントです。
そのために作業服調達の企業担当者も、業者からカタログを請求したうえで慎重に商品を選んでいます。また現場系の職場でも女性の比率が高まっており、レディース向けの作業服のラインナップが豊富なカタログが好評です。更に作業現場では真夏の暑さ対策をすることが大きな課題であり、今までよりも機能性に優れた製品への需要も伸びています。
特にカタログを使って商品選びをしている企業担当者は、吸湿性に優れた素材の製品に興味を持っています。そして社名変更時の大量発注の場合には送料が無料になるなど、サービスが充実した業者を選ぶ傾向も顕著です。一方でアルバイトを大量採用している企業は、緊急にユニフォームを購入したいと考えることが多いです。カタログ掲載商品を即日発送してくれる販売会社を活用するのが、必要な作業服をスピーディーに確保するコツです。

本当に必要な作業服はカタログに載っている

もしこれから、会社の従業員用に作業服を揃えて用意するなら、ぜひカタログを請求すべきです。また、作業服は企業ユニフォームの専門販売会社がほとんどのブランドを一元化したカタログを作成しており、どこか特定の専門販売会社に相談すれば、いくつものブランドを1つのカタログで横断的に比較・検討することも可能です。作業着を用意する際、特に現場系の作業服となると、近くの作業服ショップなどでは昔ながらの定番の在庫しか抱えておらず、満足なラインナップを揃えていないことがあります。特に最新モデルは、ほとんど店頭在庫には並びません。
自社のアピールにも繋がるせっかくの作業服を、少ない選択肢から選んでしまうのは非常にもったいないことです。機能性に優れた作業服を比較検討したうえで購入することで、従業員の仕事に対する意欲も作業パフォーマンスも上げられる可能性があります。
なお、購入の際には企業担当者だけの判断ではなく、現場の作業員の意見を採り入れることで、買い間違いを防げます。「ここのポケットのフラップがもう少しこうなら」や「ここのペンホルダーは実は使いにくい」など、現場で使ってこそ見えてくる要望や、必要となる機能性が洗い出されるものです。ぜひ、カタログで様々な商品を比較し、一番の作業服を見つけてください。

作業服を選ぶなら種類が豊富で簡単なカタログからの購入がおすすめ

作業服を買うならまずは企業ユニフォームを扱う専門販売会社にカタログ請求することがおすすめです。忙しい現場系の企業担当者の方も、カタログがあれば手間をかけずに簡単に購入出来ます。そんなカタログの購入について、メリットを紹介します。
まず種類が豊富です。たくさんの中からお好みのデザインや色を選ぶことができます。カタログは見やすく、手に取った時のイメージもしやすいです。種類がたくさんあれば、それぞれの会社に合った作業服をみつけることが出来ます。また、価格も載っている為、ほかの商品とも比較することができとても便利です。
そしてカタログ購入の大きなメリットといえば、なにより直接お店に足を運ばなくても良いので、仕事のあいた時間にゆっくりと選ぶことが出来ます。また大勢で選ぶことも可能です。どの作業服か迷ったときは、気になる作業服のページに付箋などを貼り、多数決で選ぶのも一つの方法です。
店頭で探すとたくさんの作業服があり、自分の見たい作業服が見つかりにくかったりします。そんな心配もなくゆったりとした気持ちで探すことが出来、担当者の方も負担なく購入出来るのは、とても良いメリットです。カタログ請求は、手間をかけたくない、忙しい現場系の方にとっておすすめの購入方法です。

腕を組む男性

作業服のカタログを発行している会社なら大量発注にも対応

現場系の作業服の購入を担当していらっしゃる企業担当者様、作業服は企業ユニフォームを取り扱う専門販売会社のカタログを見て発注しましょう。通常、現場系の作業服を購入するとなるとホームセンターに行くか、作業服専門店に行くかの行動をとられると思います。しかし、ホームセンターですと、取り扱っている作業服に限りがあり、作業服専門店でも静電気対応などの特殊な作業服の取り扱いが無いなどの問題が発生してきます。企業ユニフォームを販売する会社のカタログは、特殊な作業服やあまり市場に出回っていない作業服なども取り扱っているので、様々な業種の作業服にも対応することが出来ます。また、作業服を購入するとなると、少ない点数をその都度買うのではなく、まとめて購入される可能性が高いと思われます。ホームセ…

作業服を購入するなら今こそカタログを使ってみましょう

昨今、インターネットの急激な成長により、物品購入の形が、カタログ購入や店舗購入ではなくネットを介しての購入へと変化しています。個人的な買い物、企業全体の消耗品からユニフォーム(現場系の作業服など種類問わず)まで様々なものが購入可能になりました。確かに、ネットでの購入であれば、煩わしい注文用紙への記入作業や電話をかけることもなく、簡単に発注はできるかもしれません。しかし、そんな便利な注文方法ですが、特に発注業務を一任されている企業担当者様にお聞きしますが、こんな経験ありませんか?「そもそも問題なく注文ができているのかわかりにくい」「掲載写真と現品(デザインやサイズ)カタログギャップがある」などなど、便利だが「満足」はしていないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。…

作業服を購入するならまずはカタログを取り寄せよう

会社の制服にはさまざまなデザインのものがありますが、現場系のお仕事の場合、作業服で勤務をすることがほとんどだと思います。同じ作業場や会社で働くなら作業担当者全てが同じデザインのものがいいでしょうし、できたら会社の名前やロゴが入っていると信頼度も増し統一感も生まれます。これから作業服を新しくそろえたいと考えておられる企業担当者の方は、まずはカタログを取り寄せる事から始めてみてください。作業服はそのお仕事内容によって適したデザインや機能などが異なります。カタログにはさまざまなタイプの作業服が一覧で掲載されていますから、いろいろな機能を持つものを比較検討することも可能です。カタログや作業服は企業ユニフォームの専門販売会社を利用すると発注や納品までの流れがスムーズですし、専門会社ならで…

作業服のカタログなら専門業者に依頼しよう

現場系の作業員の方は、皆お仕事中は専用の作業服を着用されることと思います。どの作業服も身体を動かしやすいように機能的なデザインが施されており、作業効率を上げてくれるだけでなく、ケガなどから身体を守る効果も発揮してくれます。また、会社のロゴや名前などをワンポイントで入れると全体に統一感が出て現場の雰囲気も引き締まります。現場の士気を上げるためにこれから機能的な新しい作業服を導入したいとお考えの企業担当者の方は、作業服は企業ユニフォームの専門販売会社に相談してみてください。どの専門会社も取り扱っている作業服のカタログをまずは紹介してくれますので、その中からデザインや機能が現場の作業内容などに合っているものを選ぶと失敗がありません。同じ機能やデザインの物でもカラーが違うだけで…